山本徹

death cab for cutie
DEATH CAB FOR CUTIE『We Have the Facts and We're Voting Yes』(2000)*画像
SUPERCHUNK『Here's to Shutting Up』(2001)
GUIDED BY VOICES『Universal Truths and Cycles』(2002)
POSTAL SERVICE『Give Up』(2003)
ARCADE FIRE『Funeral』(2004)
CLAP YOUR HANDS SAY YEAH『Clap Your Hands Say Yeah』(2005)
CALEXICO『Gardern Ruin』(2006)
THE NATIONAL『Boxer』(2007)
FLEET FOXES『Fleet Foxes』(2008)
NEKO CASE『Middle Cyclone』(2009)
 00年から09年まで一枚ずつピックアップしました。まずはデス・キャブ・フォー・キューティー。今思えば、地味に00年代の幕開けを飾っていたアルバム。3rd以降も好きですが、やっぱりこのアルバムの素晴らしさはちょっと特別です。そして僕がUSインディ・ロックに深くハマるきっかけになったスーパーチャンクの『Here's to Shutting Up』。レーベルのMergeは大成功してますが、バンドとしての彼らにももっと注目してほしいですね。続いてガイデッド・バイ・ヴォイシズ。なんだかんだ言って後期GbVのアルバムは全部クオリティ高かった。メジャーのTVTから古巣Matadorに戻り、狂気のシングル4枚同時リリースも含めて妙にアグレッシヴだった02年の怪作。00年代の重要作品といえばポスタル・サーヴィスは外せません。ディンテル(Dntel)やシングル「Such Great Heights」の方が衝撃度は高かったけど、全編通してクオリティが高い一枚です。インディ・ロックに限らず、00年代を代表するバンドと言えるアーケイド・ファイア。このデビュー作は本当によく聴いたし、未だに聴くたびにドキドキする。良くも悪くも、00年代後半の90年代リヴァイバルなローファイ的バンドの先駆けになったクラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤーのデビュー作も、重要な作品。全曲シングルカットできそうなくらいクオリティの高い一枚だと思います。続いてキャレキシコの06年の作品。シーンに与えた影響というと、ここで挙げている他のアルバムほどのものは無いかもしれないけど、個人的にはこのアルバム前後くらいで音楽の聴き方が変わった気がします。アイアン・アンド・ワインとの来日公演も本当に素晴らしかった。大豊作だった2007年から一枚選ぶとすれば、ザ・ナショナル『Boxer』。是非「The Virginia」EPと併せて聴いていただきたいです。09年の森ガールブームの先駆となったフリート・フォクシーズも素晴らしかった。ボン・イヴェール(Bon Iver)にしろ、この手のフォーキーなサウンドを志向するアーティストが多く登場したのは個人的には嬉しかった。そして最後はニーコ・ケース『Middle Cyclone』。彼女の声の魅力が余すことなく、しかもポップに表現された一枚。この作品が商業的に大成功を収めたというのは、素晴らしい事件ですよね。

retweet

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 山本徹

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cookiescene.jp/mt/mt-tb.cgi/1131