COOKIE SCENE top 50 albums of 2018

|
Top50_18_01.jpgTop50_18_02.jpgTop50_18_03.jpgTop50_18_04.jpgTop50_18_05.jpg






01. PAUL WELLER『TRUE MEANINGS』Modfather's 14th album is the most brilliant one since The Jam and The Style Council. II (Ichiro Inukai)
02. BLOOD ORANGE『NEGRO SWAN』The greatest Alternative R&B/Hip-Hop work by Dev Hynes, ex. Lightspeed Chanpion, ever. HI (Hidetsugu Ito)
03. DAVID BYRNE『AMERICAN UTOPIA』Talking Heads' founding member's 7th solo album. He collaborated with Oneohtrix Point Never on 2 songs. II
04. THE ORIELLES『SILVER DOLLAR MOMENT』From Halifax, I mistook as Canadian town at first, but UK. Top new band at the moment. Kawaii. HI
05. GO-KART MOZART『MOZART'S MINI MART』One of the biggest originator of UK Indie/Alternative scene's finest work. Ex. Felt and Denim. HI

Top50_18_06.jpg
Top50_18_07.jpg
Top50_18_08.jpg
Top50_18_09.jpg
Top50_18_10.jpg






06. PARQUET COURTS『WIDE AWAKE!』Avant-Garde Garage band from New York US. Their 6th, produced by Danger Mouse. II
07. ASIAN KUNG-FU GENERATION『ホームタウン』One of the most important Japanese band for these 20 years, of course even today. HI
08. ALISON STATTON & SPIKE『BIMINI TWIST』Ex. Weekend (band, '80s) from Wales, not The Weeknd, as you know it and I feel Jazzy fine. HI
09. MITSKI『BE THE COWBOY』5th album of American-Japanese Alternative singer songwriter, is so emotional and beautiful. II
10. CORNELIUS『RIPPLE WAVES』Remix album of Mellow Waves (2017), top one is the track by Lawrence a.k.a. Go-Kart Mozart‏. HI

Top50_18_11.jpgTop50_18_12.jpgTop50_18_13.jpgTop50_18_14.jpgTop50_18_15.jpg






11. CALVIN JOHNSON『A WONDERFUL BEAST』He's a founder member of Beat Happening, Dub Narcotic Sound System, and the boss of K Records, Olympia US.  II
12. CERO『POLY LIFE MULTI SOUL』Their electronic band sound with Japanese lyrics, remind me of great US novels, is so fresh. Neo lost generation. HI
13. DEATH CAB FOR CUTIE『THANK YOU FOR TODAY』They are not dead at all, moreover, back in your life firmly using Kintsugi (2015) technique. HI
14. PETE MACLEOD『WALK TO THE LIGHT』3rd album by the guy from Sctoland. "Saudade" is the most impressive experimental Pop tune in 2018. HI
15. OH SEES『SMOTE REVERSER』Alternative Hard Rock band based in California US, known as Orange County Sound, OCS and Thee Oh Sees etc. II

Top50_18_16.jpgTop50_18_17.jpgTop50_18_18.jpgTop50_18_19.jpgTop50_18_20.jpg






16. THE CORAL『MOVE THROUGH THE DAWN』8th of the band from Liverpool UK, invites you to their most adventurous colourful pop trek. II
17. NENEH CHERRY『BROKEN POLITICS』Beautiful 5th solo album by a daughter of Don Charry, produced by Four Tet. II
18. THE CHILLS『SNOW BOUND』An ideal comeback. They're one of the biggest pioneer of Alternative/Indie Pop/Rock in New Zealand. HI
19. BIG RED MACHINE『BIG RED MACHINE』Collaboration work of Bon Iver a.k.a. Justin Vernon and Aaron Dessner from The National. II
20. THE FROOT『FORBIDDEN FROOT』Psychedelic/Progressive now. Astonishing debut of teenage band from Hull UK, via Glass Records. HI

Top50_18_21.jpg
Top50_18_22.jpg
Top50_18_23.jpg
Top50_18_24.jpg
Top50_18_25.jpg






21. SLOAN『12』Great achievement before 13th. From Halifax Canada. "44 Teenagers" reminds me of Woodstock I've never seen. HI
22. THE 1975『A BRIEF INQUIRY INTO ONLINE RELATIONSHIPS』Dance Rock band from Manchester UK becomes more experimental.  II
23. SUPERORGANISM『SUPERORGANISM』Nice Indie debut of the members from various countries, including Japanese vocalist, Orono. II
24. JUSTIN COURTNEY PIERRE『IN THE DRINK』1st solo album by Motion City Soundtrack's front man. Twisted, cool and emotional as the band. HI
25. ONEOHTRIX POINT NEVER『AGE OF』8th album by one person unit of Daniel Lopatin, filled with chaos and calms via Warp Records. II

Top50_18_26.jpg
Top50_18_27.jpg
Top50_18_28.jpg
Top50_18_29.jpg
Top50_18_30.jpg






26. MGMT『LITTLE DARK AGE』One of the most prominent US Alternative band appeared in '00s. I love this more than their other 3 . HI
27. CALEXICO『THE THREAD THAT KEEPS US』9th by the band from Arizona US, just another true stories now. II
28. PETE ASTOR『ONE FOR THE GHOST』Top singer songwriter in Indie/Alternative history. Ex. The Loft and The Weather Prophets. HI
29. THE GOOD, THE BAD AND THE QUEEN『MERRIE LAND』This is one of 2 albums by Damon Albarn in 2018. The other is of Gorillaz. II
30. YOUNG FATHERS『COCOA SUGAR』3rd album by the experimental Hip-Hop trio from Scotland, via Ninja Tune. II

Top50_18_31.jpg
Top50_18_32.jpg
Top50_18_33.jpg
Top50_18_34.jpg
Top50_18_35.jpg






31. RAY DAVIES『OUR COUNTRY: AMERICANA ACT II』Modfather for me is The Kinks, led by him. This is a sequel of Americana (2017). HI
32. GOSPELBEACH『ANOTHER WINTER ALIVE』Including new songs and live tracks. Paired with Another Summer Of Love (2017). More Alternative Country Rock. HI
33. SUPERCHUNK『WHAT A TIME TO BE ALIVE』Powerful and wonderful 11th released from their own label, Merge. II
34. SHAME『SONGS OF PRAISE』Splendid Debut from London UK. They've got the spirit of Post Punk music in late '70s ~ early '80s directly. HI
35. BELLE AND SEBASTIAN『HOW TO SOLVE OUR HUMAN PROBLEMS』3 EPs released in 2017 and 2018 were fully compiled on this. II

Top50_18_36.jpgTop50_18_37.jpgTop50_18_38.jpgTop50_18_39.jpgTop50_18_40.jpg






36. SPIRITUALIZED『AND NOTHING HURT』Jason Pierce, formerly Spacemen 3, made a brilliant album without taking drugs, maybe. II
37. THE VACCINES『COMBAT SPORTS』Combat Rock? No! Is this it? Yes! One of the most important Rock 'n' Roll band appeared in this decade. HI
38. THE BANGLES, THE THREE O'CLOCK, THE DREAM SYNDICATE, RAIN PARADE『3X4』They covered each other's songs. Paisley... Overground. HI
39. ELVIS COSTELLO & THE IMPOSTERS『LOOK NOW』The Imposters' album, for the first time in this decade. Precise and vivid. II
40. PAUL HAIG『THE WOOD』You don't have to forget the fact that he's a front man of Josef K, and he's been making good Alternative Dance music. HI

Top50_18_41.jpgTop50_18_42.jpgTop50_18_43.jpgTop50_18_44.jpgTop50_18_45.jpg






41. TRACEY THORN『RECORD』Half of E.B.T.G. Her last (mini) album, Songs From The Falling (2015) reminds me of early days, and this is matured Dance Pop. HI
42. GUIDED BY VOICES『SPACE GUN』How many albums have they released? Yeah, this is their 25th. So great! II
43. MANIC STREET PREACHERS『RESISTANCE IS FUTILE』Their 13th. A Samurai on cover art was photographed in the late 19th century. II
44. SPARE SNARE『SOUNDS』Their re-recording-greatest-hits album from the session with Steve Albini. Scottish Lo-Fi is not dead. HI
45. MATTHEWS' SOUTHERN COMFORT『LIKE A RADIO』Iain (Ian) Matthews music has always been audible missing link between '60s Rock and Post Punk. Tasteful. HI

Top50_18_46.jpgTop50_18_47.jpgTop50_18_48.jpgTop50_18_49.jpgTop50_18_50.jpg






46. THE CLEANERS FROM VENUS『LIFE IN A TIME MACHINE』UK Lo-Fi/Post Punk hero for a long time, formed by Martin Newell. Check their (his) Bandcamp page. HI
47. INTERPOL『MARAUDER』If you love Joy Division or Echo & The Bunnymen, you should hear this. Even now, I could say so. Standout 6th album. HI
48. ARCTIC MONKEYS『TRANQUILITY BASE HOTEL & CASINO』Their 6th is a soundtrack for the trip to Tranquility Base on the Moon, not Mars. II
49. DRAKE『SCORPION』Moody, but not downer. Personal, but not closed, even open to some parties. This Canadian Rapper's works are signs of the times. HI
50. PAUL MCCARTNEY『EGYPT STATION』He's 76 years old. But his music is still bright and powerful as The Beatles and Wings era. II

Top50_18_extra1_Acr Set.jpg
Top50_18_extra2_Virtue.jpg
Top50_18_extra3_Head Over Heels.jpg
Top50_18_extra4_There's A Riot Going On.jpg
Top50_18_extra5_Gaz Coombes.jpg






年度もしくは西暦年数の変わりめ? どうでもいいや、とか言ってると話が終わらない、もしくは始まらない(笑)。50選から漏れたものたちについて。

まずは、ア・サートゥン・レイシオ(A Certain Ratio)の『Acr: Set』。いわゆるベスト盤に、最高の新曲ふたつを加えたもの。事前にシングルとして売られていたのは、片方のショート・ヴァージョンで、アルバムにはそのロング・ヴァージョンが入ってる。12インチ・シングル全盛期には、むしろその逆が多かったことを考えると、7インチ時代に戻ったようだ(笑)。

個人的に「亡くなったひとについて作られたもの」は聴きたくないので、アルバート・ハモンド・ジュニア(ギタリスト)のソロは避けてしまったが、ジュリアン(シンガー)率いる別バンド、ザ・ヴォイズ(The Voidz)『Virtue』 は素晴らしかった。2019年には、ザ・ストロークスのライブ活動再開という情報も入ってきている。むちゃくちゃ楽しみだ!

その他、順不同でざっと並べておこう。ジ・オーブ『No Sounds Are Out Of Bounds』、ライ(Rhye)『Blood』、クローミオ(Chromeo)『Head Over Heels』、セクション25『Elektra』、マッドハニー『Digital Garbage』、ザ・ジェイホークス(The Jayhawks)『Back Roads And Abandoned Motels』、フランツ・フェルディナンド『Always Ascending』、ジョニー・マー『Call The Comet』、ヨ・ラ・テンゴ『There's A Riot Going On』 、小野洋子(Yoko Ono)『Call The Comet』、星野源(Gen Hoshino)『Pop Virus』、ザ・ビートニクス『Exitentialst A Xie Xie』等々。

是非挙げておきたいEPも! ギャング・オヴ・フォー「Complicit」(2019年早々リリース予定のアルバム、超期待してる)、ライド「Tomorrow's Shore」(2017年のアルバム、最高だったよ)、ディスクロージャー「Ultimatum」、ニック・ロウ「Tokyo Bay」、マジー・スター「Still」、ラバー・ジョウ(Rubber Jaw)「Feeling Funny」(アラン・マッギーらによるEPレーベル、クリエイション23からの第一弾リリース)、スカート「遠い春」、米津玄師(Kenshi Yonezu)「Flamingo / Teenage Riot」(たしか〝Lemon〟は、アルバートのところで述べた件にひっかかってしまう。だから、それよりこっちのほうが好き)。

シングルまで含めれば本当にきりがなくなってしまうけれど、これだけは。ファウンドリングス(Foundlings)の〝Horizon〟。2018年のトップ・インディー・ポップ(笑)曲だった。

HI

1月のポール・ウェラーのライヴで始まった僕の2018年。40年にも渡る歩みを総括するようなセットリストと熱いプレイは、キャリアのピークと思えるほどだった。でも、そんな彼の新譜はさらにその上を行く素晴らしさ! 堂々の1位です。僕のモスト・フェイヴァリット・ソングは1曲目〝The Soul Searchers〟。タイトルどおり、何かを求めて歩み続けるその姿勢には、何度も背中を押される思いがした。

ここで、僕が候補に上げながらも、伊藤さんとの白熱の議論の末、惜しくもトップ50に入らなかったアルバムをいくつか紹介します。

ザ・ゴー! チーム『Semicircle』は、サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ高等学校ブラス・バンドな感じが最高だった。そしてスーパーグラスの頃よりも音の冒険と実験を楽しんでいるようなギャズ・クームスの『World's Strongest Man』。ギャズはこの先どうなってゆくのか本当に楽しみ。もう1枚はメリル・ガーバスのソロ・ユニットからふたり組になったチューン・ヤーズの『I Can Feel You Creep Into My Private Life』。気色悪い(笑)タイトルとは裏腹に、ますますパワー・アップしたトライバルなグルーヴが心地いい。私生活にこっそり潜り込んでくるのは、音楽のエネルギーなのかもしれない。元気をもらいました!

そして、2018年でいちばん印象的だったライヴは、フジロック3日目のボブ・ディラン。少し長くなりますが、ライヴ・レポをお届けします。

激しい雨と風、そして灼熱の陽射しが数時間のうちに目まぐるしく変化するかなり過酷な天候。それでも増え続けるグリーン・ステージの観衆たち。空模様は落ち着きを取り戻していた。

「ディランがついにフジロック降臨!」とか「ノーベル文学賞のディランが!」とか...。そんな異様な雰囲気になるのかな、とも想像していたけれど、実際は全然違った。固唾を飲んで見守る、なんてことはなくて、みんなが思い思いにベストなポジションでセット・チェンジを待つ。ステージ左右に設置されたスクリーンに「NEXT UP BOB DYLAN & HIS BAND」の文字が映し出されるたびに拍手と歓声がわき上がる。このフジロックらしさが逆に、どこか現実とは思えないような気持ちにさせる。本当に、このあとディランが登場するのかな?

予定時刻のほんの少し前、ここ数回の来日公演でもおなじみになったチャーリー・セクストンをはじめとするバンド・メンバーがふらりとステージに登場すると、なんの前触れもなく演奏が始まった。カウント・ダウンどころかグリーン・ステージいっぱいに集まったファンへの挨拶もなし。気がつけばグランド・ピアノの前に座っている。そして、あの声が響き渡る。聴き慣れない楽曲に戸惑いながらも、徐々に歓声が大きくなってゆく。「知らない曲?」「それとも、歌い方のせい?」そんなみんなの気持ちを知ってか知らずか、黒いスーツに身を包んだディランは歌い続ける。待ちに待ったステージは、オリジナル・アルバム未収録の〝Things Have Changed〟でぶっきらぼうに、ディランらしい先制パンチでスタートした。

「ネヴァー・エンディング・ツアー」と称して、こんなふうに真夏の日本でも未だにステージに上がり続けるボブ・ディランがそこにいる。ピアノに向かったまま〝It Ain't Me, Babe〟や〝Highway 61 Revisited〟を淡々と繰り出すその姿が、僕にはなぜだか現実だとは思えない。そんな気持ちとは裏腹にバンドの演奏は熱を帯び始める。原型をとどめないほど崩されているメロディを追いかけていくうちに、タイトルを思い浮かべることさえやめてしまおうと思った。音楽に身を委ねて、この時を楽しもう。そんな気持ちになったとき、僕はふと「I'm Not There」という言葉を思い出した。「私は、そこにはいない」。

『アイム・ノット・ゼア』。それは、2007年に公開されたトッド・ヘインズ監督によるディラン公認の伝記映画だ。ただし、ディランの足跡を辿っただけのよくある武勇伝ではなく、6人の俳優がディラン(らしき人物)を演じ分けるという斬新なアプローチが試みられている。女優ケイト・ブランシェットがそのうちのひとりを演じたことでも話題になった作品だ。放浪者、ロック・スター、宣教師、吟遊詩人など、時代も人種も超えて現れては姿を消すひとりの男。そこには言葉と音楽だけが残される。

ディランの音楽を再現するサウンド・トラックもすごかった! エディ・ヴェダーからウィルコのジェフ・トゥイーディー、そして、ディランの登場前にステージを盛り上げていたジャック・ジョンソンまで、錚々たる面子が集結して30曲以上もの楽曲をカヴァーしている。中でも、この日のステージでも演奏された〝Ballad Of A Thin Man(やせっぽちのバラッド)〟他数曲のバッキングのために結成されたミリオン・ダラー・バシャーズもヤバかった! そのメンバーはなんと、ソニック・ユースのリー・ラナルドとスティーヴ・シェリー、トム・ヴァーライン、ウィルコのネルス・クラインなど。こうして集まった面子とそのクオリティから、図らずもディランが「オルタナティヴ・ロック」の原点にいたことが浮き彫りになったことも忘れてはならないだろう。

ステージに目を戻すと、夕暮れが過ぎ、夜の闇がグリーン・ステージを包み始めていた。いっそう鮮やかな光を放つ巨大スクリーンには、グランド・ピアノに向き合うディランの姿が映し出されている。阿吽の呼吸でタイトなリズムと豊潤なアンサンブルを響かせるバンドの演奏に合わせて波打つように揺れる観衆の姿が壮観だ。

僕が感じていたステージ上のディランの現実感のなさ、それは神秘的とかレジェンドのオーラとかではなく、変化し続ける「つかみどころのなさ」なのだと思う。映画『アイム・ノット・ゼア』では描かれていなかったもうひとつの姿があるとしたら、それは老齢を迎えたディランの在り方だろう。77歳になった今、ギターを抱えて長時間のステージを乗り切ることは厳しいのかもしれない。それでも新たなスタイルとしてピアノと向き合って歌う。その姿は、偏屈ジジイにも預言者にも見えた。ディランは今も変化し続け、「オルタナティヴ」な表現方法をつかみ取ろうとしている。そう、いまだに現在進行形なのだ。

II

というわけで、今回も編集部がセレクトした音源をDJミックスしたCDRプレゼント、やります。HI(伊藤英嗣)ヴァージョンと、II(犬飼一郎)ヴァージョンを、それぞれ3名のかたに。選曲はすべて上記トップ50アルバムズから。なお、どちらかを「選ぶ」ことはできません。

ご希望のかたは、住所氏名(本名限定)および記事の感想を添えた電子メールを、info(at-mark)cookiescene.jp までお送りください。〆切は、2019年1月31日(木)。

楽しみにしてます!

retweet