ボランティアじゃなくてvolunteer

新サイトによる、クッキーシーン新展開、なんかワクワクしてますし(だから必然的に)がんばります。どうかよろしくお願いします!

ハイテンションのまま徹夜して、もう朝の8時すぎ...。書き物とかやってても、なかなかこうはならないけど(さすがに、もう40代後半なので:笑)、編集作業やってると、ついこうなっちゃいますね...。以前は2ヶ月に一度、もしくは毎月の校了日にこうなってたわけで(もっと前には、これが数日つづいたり...)。

さすがに、そろそろちょっと寝ようと思うんですが、その前に...。

前々回のポストを見ていたら、そこで宣言していたのに、やっていないことがふたつ...。

1)ウェブ・サイトに(音楽と関係ない)バナー広告募集する、と書いてあったんですが、やってない...。これは、いろいろ考えた結果、です。ぼくはもともと普通の広告営業もやってたし(バブル末期に、名古屋のタウン誌の編集やってたときは、ふたりで毎月500万円というノルマを、中心になってこなしてました:笑)、それを避けたいわけじゃないんですが、とにかく時間がない、time waits for no oneというわけで、まずは内容を充実させたい。それで、多くの人が見てくれるようになったら、と考えました。甘い、かもしれませんが(笑)。

2)リニューアル・オープン前に、いろんなレーベルの方にご連絡差しあげます、とか書いてあったんですが、これもやってない...。もちろん、GW明けから大車輪で動くつもりですが、上記と同じ理由で...。

少なくとも20世紀のポップ・ミュージックは、資本主義的ビジネスから逃げることはできなかった、というのがぼくの持論ですけど、なんか(某誌系の人たちのように)言行一致ができてないなー、と微妙に反省しております(笑)。

別に営業が苦手とかではないし嫌いでもない(もちろん、プレッシャーはありますが)けれど、どっちかっつーと自分は「職人」タイプなのかな? いや、そんなカッコいいもんじゃないな。たとえば、地道な研究とかそれに基づいた分析も好き、ってことかも。だから、アカデミズムとかにはなじめないけれど、研究も、そして生徒となにかいっしょにやっていくのも大好きな、しがない教員みたいな(「しながい教員」というのは、ぼくの妻! いや、収入的には完全に彼女に頼ってるので、「しがない」とか言ってすみません...)。

こんなこと考えたのも、現在のクッキーシーンが、創刊して20号までくらいの「非営利団体」っぽいノリを再び強めているから。もちろん、それに安住してるわけじゃないし、それではつづかないこともわかってます(公的援助金とか別にないしー:笑)。書いてもらったら、ギャラを出すべき、それは当然。にしても (もしかしたら、それを厚顔無恥とか言われても)、現状のようになっているのは(すみません!)、どこかで(日本語ではなく、英語の)volunteer精神みたいなものを、たぶんマジで信じてるんでしょう。ぼく自身の姿勢も、けっきょく「音楽」に対するvolunteer活動、みたいな感覚もある。だから、D.I.Y.。

とか言いつつ、少しでもきちんと運営できるように、がんばります!

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ボランティアじゃなくてvolunteer

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.cookiescene.jp/mt/mt-tb.cgi/1166

コメントする

メニュー

2011年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31