Cookie Scene Mook

retweet

CSM_H1_226.jpg
1997年3月から2009年12月まで「雑誌」という形で機能していたクッキーシーン(Cookie Scene)が、ウェブ・マガジンとして再起動したのにつづき、ついに「ムック(紙媒体)」としても復活。その第1弾が発売されました! 題して...「CDジャーナルムック『Cookie Scene Essential Guide: POP & ALTERNATIVE '00s: 21世紀ロックへの招待』」。

発行元はCDジャーナルでおなじみ(株)音楽出版社で2010年12月16日発売。判型などは「B5判変形、160ページ」、定価は税込1,500円になります。

キャッチ・コピーは以下のとおり。

ロックそしてポップ・ミュージックは、常に「オルタナティヴ」な存在であった。激動の時代だからこそ、その真価が発揮される。そんな視点のもと、00年代にUS、UK、欧州でリリースされた素晴らしきポップ&オルタナティヴな音楽(日本人アーティストのものを除く)を集約したエッセンシャル・ガイド。

校了寸前に「TOP 150 Albums (of the bands, whose debut albums were released after 1990) 2000-2009」というサブ・タイトルを思いついたのですが、時すでに遅し(汗)。まえがきページと奥付のみに入れこむことにしました(笑)。

同時代性にこだわるべく、「1990年代以降にファースト・アルバムをリリースしたアーティスト」にターゲットをしぼり、2000年1月から2009年12月までに発表されたディスクを150点(1組につき1点)厳選。

それぞれをリリースしたアーティスト計150組の(関連盤も含む)ディスコグラフィーを完備!

トップ42までの主なアーティストに関しては、クッキーシーンの過去の取材をとおして入手した彼ら自身の発言も原稿中に(アーティストによっては大量に)フィーチャー!

「00年代のベスト150アルバム」。さらに記事部分や(関連盤も含む)ディスコグラフィーの内容、執筆者の「プライヴェート・トップ10」コーナーなどもあわせれば、この本は200を軽く超えるアーティストたちの音楽への入り口に!

登場アーティスト:MGMT、アークティック・モンキーズ、ザ・ストロークス、2メニーDJ'S/ソウルワックス、ベル・アンド・セバスチャン、ディアハンター、フェニックス、デス・キャブ・フォー・キューティー、ファウンテインズ・オブ・ウェイン、フランツ・フェルディナンド、ダフト・パンク、オアシス、LCDサウンドシステム、アニマル・コレクティヴ、TV・オン・ザ・レディオ、ザ・ホワイト・ストライプス、アーケイド・ファイア、アントニー&ザ・ジョンソンズ、ヴァンパイア・ウィークエンド、オブ・モントリオール、クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー、ザ・リバティーンズ and a lot more!

2010年12月16日13時00分 (HI)

retweet

『Cookie Scene Essential Guide: POP & ALTERNATIVE 00's: 21世紀ロックへの招待』におきまして、以下の誤りがございました。

雑誌時代に比べてかなり念入りに校正したのですが、ミスが生じてしまい、申し訳ありません。

お詫びのうえ、訂正させていただきます。

-----------------------------------------------------------

P019 中段 29行目~
【誤】ベルギーにあるピアスというヨーロッパ最大のインディー・レーベル/ディストリビューター
 ↓
【正】ベルギーにあるPIASというヨーロッパ最大のインディー・レーベル/ディストリビューター

P079 右段 10行目~
【誤】ライヴ自体は個人による招聘で、彼らはあるバンドのサポートとして来日したとのこと。
 ↓
【正】そのライヴは個人による招聘だった。

P135 +/- {PLUS/MINUS} 左段1行目
【誤】エド・バリュヤット
 ↓
【正】リチャード・バリュヤット

P139 GORILLAZ 右段7行目
【誤】本作的
 ↓
【正】本格的

-----------------------------------------------------------

本日の日付を入れて、ロックをかけたPDFファイルをこちらにアップしました。大変お手数ですが、ダウンロードしてプリントアウトのうえ、切り抜いてご購入いただきましたムックにはさんで保存していただければ幸いです...。

2010年12月27日19時58分 (HI)