taiyaku seminar

retweet

この4月から半年タームで、オトトイで歌詞対訳講座を始めました。詳しくは、ここをご覧ください(9月までの分は、もう募集が終わってますが...。すみません)!

毎回とりあげるアーティストを決めて、その音源10数曲を聴いてもらいつつ、その歌詞(と、ぼく伊藤が数曲対訳したもの)をお渡しして、曲のバックグラウンドを解説したりみんなで話しあったり、そんな感じで楽しくやってます。

講座修了後には、「宿題」みたいな感じで(笑)毎回それぞれ1曲づつ対訳をやってもらうことにしています(それを次回の冒頭に、みんなに渡して、次の「宿題」といっしょにほかのひとの対訳の感想を送ってもらったり...)。

でもって、なんというか、予想以上に、みなさんうまい! 埋もれさせるのはもったいない! というわけで、毎回特にいいものを(ついでに、ぼくがやったもののひとつを)ここで発表していこうと思います

今日は、4月にとりあげたザ・ビートルズ。まずは『Rovolver』の冒頭に収められた、この曲の対訳を、2パターンご紹介します。

>>>>>>>>>>

「Taxman」

1 2 3 4 1 2

仕組みについて申し上げます
1があなたの取り分で 19が私
なぜなら私は税務署員
そう、私がタックスマン!

5%は少なすぎます?
全部とられないだけ感謝なさい
なぜなら私は徴税吏
そう、私がタックスマン!

(車を運転すれば) 道に課税
(腰をかければ) 椅子に課税
(寒い時には) 暖房に課税
(散歩にでれば) その足に課税しましょう
タックスマン

なぜなら私は税務署員
そう、私がタックスマン!
何の為に必要だなんてお聞きなさんな
(ハハ ミスター・ウィルソン)
もっと絞り取られたくなければね
(ハハ ミスター・ヒース)
なぜなら私は徴税吏
そう、私がタックスマン!

さあ 死ぬときだって税金を払わなきゃいけないんですよ (タックスマン)
まぶたに載せたペニー銅貨も申告しましょうね (タックスマン)
なぜなら私は税務署員
そう、私がタックスマン!

そう皆の者は、他でもないこの私の為に働くのです
タックスマン

(対訳:小口瑞恵)

>>>>>>>>>>

「Taxman」

1 2 3 4 1 2

物の仕組みってものををお教えしましょう
あなたの取り分が1で、私の取り分が19です
なぜなら 私は税金取りだから
そう 私が税務署の役人なんですよ

5パーセントでは少なすぎるとお思いでしょうが
全部持ってかれないだけ感謝してほしいくらいですな

なぜって 私が税金取りだから
そう 税金取り

(車を運転するなら)道路に課税しますし
(お座りになるなら)椅子に課税します
(寒いのなら)暖房にも税金をかけて
(散歩するなら)あなたの足にも税金をかけますよ
税金取りですからね

なぜって 私が税金取りだから
そう 税金取り
聞かないでくださいよ 血税を何に使うのかなんて
(はは ウィルソンさん!)
これ以上課税されたくないならね
(はは ヒースさん!)
なぜって 私が税金取りだから
そう 税金取り

そうそう 死ぬご予定のある方にはご忠告しますけど(税金取り!)
まぶたにのせるコインも申告してくださいね(税金取り!)
なぜって 私は税金取りだから
そう 私は税務署の役人なものですから
皆さん 他ならぬ私のために働いてくださってるってことですよ!
(税金取り!)

(対訳:冨田展章)

>>>>>>>>>>

いかがでしょう? 最近はウェブを検索すれば(正確である保障はないにしても)歌詞は出てきますし、それを参考にしつつ(曲をご存知であれば)お楽しみいただければ...。同じ歌詞でも訳者のノリで結構違う印象になる、それも醍醐味のひとつ。つづいては『The Beatles』(通称『ホワイト・アルバム』)収録曲を、これも2パターンご紹介します。

>>>>>>>>>>

「Revolution 1」

革命を起こしたいってキミは言う
ああ そうだね
みんな今の世の中を変えたいんだ
それが発展だってキミはボクに言う
ああ そうだとも
みんな今の社会を変えたがってる
だけどキミが暴力的なほうに進むなら
ボクは興味ないよ
まあ なるようになるんじゃないの?
大丈夫 何とかなるよ

うまい解決策があるってキミは言う
へえ
是非その計画を知りたいものだ
寄付して欲しいってキミはボクに言う
どうかな
みんな出来る限りのことはやってるけどね
だけど憎しみから生じた活動者たちに
そのお金を使いたいのなら
ちょっと待って と言いたい
きっと なるようになるさ!
大丈夫 何とかなるよ

憲法を変えたいってキミは言う
うーん
キミの頭を切り替えたほうがいい
これこそが制度だとキミは言う
どうかな
まずキミたちの精神を解放してみたらどう?
まっ 毛沢東の写真をいつも持ち歩いているようなら
どうやったって革命なんてできないだろう
きっと なるようになるさ!
大丈夫 何とかなるよ

(対訳:澤美佐子)

>>>>>>>>>>

「Revolution 1」

きみは革命革命って言うけどさあ
あのねえ
みんな世界を変えたいと思ってるんだよ
革命こそが進化、って言うけど
そりゃねえ
誰だって世界を変えたいのはやまやまなんだよ
でも破壊活動をするって話だったら
ぼくのことは誘わないでね...やっぱり誘って
わからないかな? 世界はよくなってるんだよ
だんだんだんだん
 
モノホンの解決策があるらしいけど
うーん
ちょっとその計画とやらを見てみたいね
ぼくにも寄付しろって?
えーっとね
みんな自分にできることをやってるんだよ
でも憎しみの心を持つ人たちのために
お金が欲しいって言うなら
こう言ってやるしかないね
ブラザー ちょっと待ちな って
わかるかい?
全然大丈夫だって

憲法を改正するってことだけど
あのなあ
おまえの頭を改正してやりたいよ
それこそが法の制定ってことだけど
いいかい
それよりも精神を解放したほうがいいぜ
でもいつまでも毛沢東の写真を持ち歩いてるようじゃ
どう転んでもそんなことできやしないね
わかるだろ?
全然だいじょーぶったらだいじょーぶ
だいじょぶだいじょぶだいじょーぶ

(対訳:太田健介)

>>>>>>>>>>

では最後に、ぼく自身がやってみた、『Rubber Soul』収録曲を...。

>>>>>>>>>>

「Nowhere Man」

あいつは本当に「どこにも属してない」やつ
「どこにもない」彼自身の国に腰かけて
誰のためにもならない妄想みたいな計画をたてつづけている

ちゃんとした見取り図が頭にあるわけでもなく
自分がどこに向かっているかもわからない
あいつは ちょっと きみやぼくみたいじゃない?

「どこにもいない」やつよ 聞いてくれないか
わかってないだろ 自分がなにを見失ってるか
「ノーホエア」マン きみはセカイの王様だと思ってるみたいだけど

あいつには なにも見えてない
自分が見たいものだけを見ている
「ノーホエア」マン ぼくのこともまったく見えてないんじゃない?

「ノーホエア」マン 心配しないで
ゆっくりやるんだ 急がずに
放置しておけばいい 他の誰かが
いつか手を貸してくれるまで
そう

ちゃんとした見取り図が頭にあるわけでもなく
自分がどこに向かっているかもわからない
あいつは ちょっと きみやぼくみたいじゃない?

「どこにもいない」やつよ 聞いてくれないか
わかってないだろ 自分がなにを見失ってるか
「ノーホエア」マン セカイは自分の意のままだと思ってる
そう

あいつは本当に「どこにも属してない」やつ
「どこにもない」彼自身の国に腰かけて
誰のためにでもなく「どうしようもない」計画をたてている
誰のためにもならない妄想みたいな計画をたてつづけている
いつまでも夢みたいなことばかりを考えている

(対訳:伊藤英嗣)

>>>>>>>>>>

バンドとしてはもはや説明不要と思われるザ・ビートルズが、どんなことを歌っていたのか、(たった3曲で申し訳ないですが)ちらりとでも伝われば...。

では、また次回!

2011年6月8日20時58分(HI)

retweet

クッキーシーン編集長伊藤英嗣(って、文末の署名から推測されるとおり、これを書いてる本人なんですが...。すみません:恥&笑)による「歌詞対訳講座」が、音楽配信サイト、オトトイで開講します。

サブ・タイトルは「ポップ・ミュージックが歌ってきたもの」。講座とはいっても決して堅苦しいものではなく、わりとフランクな講師を中心とした「ゼミ」みたいなものと考えていただければ...(というか、ぼくは大学生時代「ゼミなしっ子」だったので、推測で話しております:笑)。

くわしくは、こちらをご覧ください。

上記リンク先に講座の予定が書いてありますが「内容」はあくまで仮。メンバーの希望を受けつつ、とりあげるアーティストのセレクションは、ある程度フレキシブルに変えていく可能性ありです。

ぼくがこれまで絡んだ「商品」としては最も高額なものとなっており恐縮ですが、よくある「教養講座」みたいなものよりはたぶん安いと思いますし、その価格にみあったものにしたいと強く思っております。月1回、半年間、ともに学んでいければ幸いです!

基本的に、英語がそれほど得意ではない方も歓迎です!

ちなみに、ぼくは父親が(そして、なぜか妻も偶然)高校教師...。「教師」的なものにさからって(笑)今もこういうことをやっているわけですが、ついにぼくもそれっぽいことを...。うー、悔しいので、ますますそうじゃなくふるまうよう努力したい...です...。

なにかご質問がございましたら、ツイッターのぼくのアカウント(@hidetsugu_ito)まで「アットマーク・ツイート」をとばしてください。なるべく早めにお返事さしあげるようにします(ツイッターをやっていない方、すみません...。ただメールだと、なかなかお返事できない可能性もあるので...)。

よろしくお願いします!

2011年2月24日2時55分(HI)
 1  |  2  | All pages