The Kink Controversy

retweet

今回は八木皓平くんから投稿をいただきました。朝日美穂さんの最新作『ひつじ雲』について語ってくれています。

かなり深く考察しているので、既に作品を聴いた人だけでなく、まだ未聴の方も面白く読める内容です。




なお、このコーナーでは、常時みなさまからの投稿を受けつけています。ただし、投稿に関するルールがいくつかあるので、それをふまえたうえで投稿していただけたらと思います。以下がそのルールになります。


・文字数は最低でも1000字以上。


・原稿の内容は、音楽に関することを主題にお願いします。ただ、主題と文脈的に繋げられるなら、アニメ、映画、小説、哲学など、他要素を混ぜても問題ありません。


・掲載する際には、投稿されてから10日以内に編集部のほうから連絡させていただきます。連絡がない場合は、申し訳ないのですがボツということになります。


・送っていただいた原稿の表記については、クッキーシーンにおける表記統一の決まりに合わせるため、編集部側で変える こともあります。それらがあまりに大量になったり、それによって文章のトーンが変わってしまう場合など問題があると判断した場合も、編集部のほうから連絡 させていただきます。


音楽について語りたい欲求がある若者から、いまだ中二病が心に残っているせいで音楽にロマンを求めてしまう大人になりきれない大人まで、どんな方でも大歓迎です。FEEDBACKのところから投稿できます。よろしくお願いします!

retweet

前回は、編集長の伊藤英嗣による《PHOENIX『Bankrupt!』を通して見える新自由主義的なカルチャー・ビジネスの状況》をアップしましたが、今回は松浦みきさんが投稿してくれたテニスコーツのライヴレポをお届けします。


ライヴの様子や会場の匂いが伝わってくる文章には、松浦さんの優れた観察眼とテニスコーツに対する愛情がこれでもかと滲み出ております。なので、多くの人に読んでいただけたら嬉しいです。


(近藤真弥)


なお、このコーナーでは、常時みなさまからの投稿を受けつけています。ただし、投稿に関するルールがいくつかあるので、それをふまえたうえで投稿していただけたらと思います。以下がそのルールになります。


・文字数は最低でも1000字以上。


・原稿の内容は、音楽に関することを主題にお願いします。ただ、主題と文脈的に繋げられるなら、アニメ、映画、小説、哲学など、他要素を混ぜても問題ありません。


・掲載する際には、投稿されてから10日以内に編集部のほうから連絡させていただきます。連絡がない場合は、申し訳ないのですがボツということになります。


・送っていただいた原稿の表記については、クッキーシーンにおける表記統一の決まりに合わせるため、編集部側で変える こともあります。それらがあまりに大量になったり、それによって文章のトーンが変わってしまう場合など問題があると判断した場合も、編集部のほうから連絡 させていただきます。


音楽について語りたい欲求がある若者から、いまだ中二病が心に残っているせいで音楽にロマンを求めてしまう大人になりきれない大人まで、どんな方でも大歓迎です。FEEDBACKのところから投稿できます。よろしくお願いします!

retweet

今回は、弊誌編集長である伊藤英嗣の原稿を掲載いたします。もちろん記事タイトルが示すように、フェニックスの『Bankrupt!』を中心に書いているのですが、伊藤さんお得意? の横断的内容となっていて、いろんなところに話が飛んでおります。


しかし、それでも面白く読めるものに仕上げてくるあたりは、伊達に長く執筆活動をやってないなあと思います。しかも「なるほど!」って思える部分も多くあったり。


と、書くと何だか偉そうに聞こえるかもしれませんが、素直に「すごい!」と感心しましたよ。本当です!



retweet

久々にザ・キンク・コントラヴァーシーの更新でございます。本当はもっと頻繁に更新したかったのですが、諸事情が重なりまして、ほぼ休止状態になっていました。申し訳ございません・・・。しかし、現在は投稿の受けつけを再開しましたので、ぜひ送っていただければと思います。詳しくはこちらのニュース記事をご覧ください。


さて、今回掲載するのは、森豊和さんの原稿です。今年4月におこなわれたパブリック・イメージ・リミテッドの来日公演について、勢いのある言葉で語ってくれました。かつてジョン・ライドンは、セックス・ピストルズのジョニー・ロットンとして《No Future》(「God Save The Queen」)と叫び、PiLのアルバム『That What Is Not』に収められた「Acid Drops」では、そんな自分の過去を諧謔的に皮肉るような行為に及んでいます(ピストルズの代表曲「God Save The Queen」をサンプリングしている)。


こうしたことをふまえて森さんの文章を読むと、より面白い観点を見つけられるかも。もちろん文章自体も興味深いものですが。「時代が否定に覆われ尽くす前にYESを復権させなければいけない」という一節には、グッときました。



(近藤真弥)

retweet

いつも良質な寄稿を寄せてくださっている草野さんから、ライヴ・レポが届きました。

私はまだ渋谷WWWに行ったことがないのですが、近頃では様々な公演が行われている旬なハコでもあります。

これからどんどん定着していくのでしょうか。

そんな場所で、2011年9月23日、2ndアルバム『イギーポップと讃美歌』を出したばかりであるオワリカラの貴重なライヴが行なわれたということで、是非ご一読いただけたらと思います。

retweet

2011年なかばに発売されたクッキーシーンのムックに、アニメ『けいおん!』から派生した『放課後ティータイム』の記事を載せようと強烈に主張し、当該原稿を書いたのは、ぼくでした。

それに関して、読者のかた(「Private Top 10s Of 2010」にも投稿してくださった、たびけんさん)から貴重なご意見をいただきました!

なるほど! と感心しました。もちろんぼくにはぼくの意見があるのですが、ここ(「The Kink Controversy」)は、その名のとおり「討論」の場。あえて自分の意見は併記せず、そのまま掲載させていただきました。たびけんさん、ありがとうございます!

さて、みなさんはどう思われますか?

retweet

エレクトロニカというジャンルにおいて、常にトップを走り抜けていた彼。

関西特有のユーモアを持ち、観る者聴く者を和ませてくれていた。

そんな彼が、急死した。

ユザーンやインナー・サイレンスといった同士や仲間や後輩たちにも大変ショックだったことだろう。もはや今年一番の衝撃だったと言っても過言ではない。

レイ・ハラカミは、たくさんの人々に愛されながら、逝ってしまった。

クッキーシーンからも、ここに追悼の意を表したい。

retweet

今回コントリビューターの松浦さんが送ってくださった原稿は故・武満徹氏について。

武満氏が亡くなったときは本当にショックでした。

尺八を使った日本の現代音楽の第一人者として世界に通用する唯一無二の音楽家であった氏について、更に深く追求した素晴らしい原稿になっています。

retweet

今回コントリビューターの松浦さんが寄せてくれた原稿は、「アラビック・ポップス」というある種ニッチなジャンルの音楽について。

普段から注目している方も、そうでない方も、読みやすく例を挙げながら紹介してくださっています。

こんな可塑性について、皆さんはどんな風に感じますか?

retweet

奈良にある、とあるレコード・ショップと、そのコラボレーションCDの紹介です。


投稿してくださったのは、いつもコントリビューターとして様々な音楽を紹介してくれている松浦達さん。


奈良県に行く機会があったら、そして奈良やその近郊にお住まいの方々、是非注目してみてください。


CDの方はお取り寄せも可能だそうです。


(吉川裕里子)


 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages