interviews

retweet

22-20S

僕らもブルースによってもたらされる
豊かで長い音楽の伝統に連なりたいと思う


00年代初頭、ホワイト・ストライプスやストロークスを筆頭に"ガレージ・ロック・リヴァイバル"と呼ばれるムーヴメントが、新たな音楽シーンの到来を告げていた。その中で、当時まだ20歳そこそこという若さながら、ブルースを血肉化したデビュー・アルバムで颯爽と登場した22-20s。でも、その後の歩みは決して順風満帆といえるものではなかった。このインタビューでも語られているとおり、「ブルース・バンド」というレッテルを貼られることへの葛藤と疲弊から、バンドは2006年に解散してしまう。

けれども、22-20sのストーリーはそこで終わらない。解散から4年後、音楽への情熱を再び取り戻した彼らは前作にあたる2ndアルバム『Shake / Shiver / Moan』で見事に復活を遂げる。よりメロディアスに、よりカラフルに鳴らされるサウンドは、「ブルース・バンド」という枠に収まりきらないギター・バンドとしての可能性を感じさせた。そして、いよいよ3rdアルバム『Got It If You Want It』が完成! ブルースが好きな人なら、このタイトルにピンと来るはず。まずは新曲「Pocketful Of Fire」のストリーミングをチェックして欲しい。自信に満ちあふれたラウドなリフと表現力を増したマーティンの歌声。そう、22-20sはこの3rdアルバムで、かつて自分たちを解散にまで追いやった「ブルース」という音楽に、もう一度向き合っている。

2012_02_22-20s_A1.jpg

retweet

THE VACCINES

僕らが過去のカルチャーに対して
リスペクトの精神を持っているのは確かだね


2回のキャンセルを経てようやく単独での来日公演が実現したイギリスのギター・バンド代表、ヴァクシーンズ(こういうフレーズは彼ら自身嫌いそうだけど、あえて)。

勢いとビッグ・マウスだけでデビューしてさっさと消えてしまうようなそこらのバンドたちとは違い、ヴァクシーンズには新人離れした風格と歴史上の優れた音楽に対する丁寧な目配せがある。そしてそれらをアーティーに表現してしまうのではなく、究極にシンプルかつモダンなポップ・ソングにしてしまうあたり、ほんとうに何年にひとつの素晴らしいバンドだと思う。今回は東京でのライヴ前日にギタリストのフレディー・コーワン(ホラーズのメンバーの弟。アップリフティングでクラシカルな音色のギターを弾く)とベーシストのアーニー・ヒョーパーに話を訊いた。

インタヴューのときに改めて気付いたんだけど、ヴァクシーンズってとってもグッド・ルッキングなバンドだね!

2012_02_The Vaccines_A1.jpg
all photos by Mitch Ikeda

retweet

RYO HAMAMOTO & THE WETLAND

湿地帯には魚もいれば鳥もいるし
複雑多様な生態系がありますよね


'00年代から良質なUSインディー・ミュージックを中心にリリースをつづけてきたアンド・レコーズから、ファースト・アルバムをリリースするリョウ・ハマモト・アンド・ザ・ウェットランド。その作品を聴いて、ぼくは深く感動しつつ、ちょっと妙な感慨にとらわれてしまった。それで猛烈に興味をひかれ、インタヴューを敢行させてもらうことにした。

すでにアラフィフの域に達しているぼくが彼らの音楽を聴いて、まず思いだしたのは、たとえばR.E.M.やニール・ヤング...。もちろん、彼らの音楽には実にさまざまな要素が内包されているのだが、'00年代の「USインディー」界隈では、尊敬はされていたかもしれないけれど、決してスーパー・クールではなかったアーティストたちの名前がぱっと頭に浮かんでしまった...。また、リョウ・ハマモトの"うた"からは、たぶん彼自身も知らないような(だから、とりあえず今回のメール・インタヴューでは、そのことについてはふれなかったけれど)70年代の優れた日本のシンガーにつながるものを感じたり...。

時代がひとまわりしたというか、「直前の過去」とは違う、新しい世代を見るような気がする。

ハマモトは、3月2日(金)から始まるオーウェンことマイク・キンセラのジャパン・ツアーに(その初日以外の4ヶ所は)同行して、ライヴを披露してくれる。新しい世代とか言いつつ(笑)、いや、それも似合うぞ...という意味で、そのツアー中に、彼とマイクの対談をおこなう予定だ。無事できたら、またここで発表します!

そんな彼の、メールによるものとは思えない(?)ロング・インタヴューを、おとどけします。じっくりご覧いただければさいわいです!

2012_02_Ryo Hamamoto_A1.jpg

retweet

PETER HOOK

誰でもDJをやってみたらいいんだよ
でも、うまくDJをするってことは難しい

元ジョイ・ディヴィジョンのオリジナル・メンバー(どの楽器が最も印象に残ったかといえば、やっぱ、彼のベースだよね?)であり、もちろんニュー・オーダーの重鎮であるピーター・フック。本国では音楽書の枠を超えてベストセラーとなった彼の初めての著作『ハシエンダ』日本版がリリースされる。音楽ファンなら誰もが必読の、超一級ドキュメンタリー。そして、彼がそこでなにを学んできたかも(なんとなく、だが:笑)よくわかる、感動的な作品となっている。

つい最近、彼がニュー・オーダーの「ほかの3人(The Other Three)」の不埒な行為に関して訴訟を起こした理由も、『ハシエンダ』を読めば、間接的にわかる...ような気もする。

この4月末には、新しいバンド、ザ・ライトを率いて大磯でおこなわれるフェスティヴァルのために来日、ついに日本の聴衆の前で(フジ・ロックにてニュー・オーダーがおこなって以来、初めて)ジョイ・ディヴィジョンの曲を披露してくれることになっている。その面子による『Unknown Pleasures』再現ライヴ・アルバムを聴いたが、正直素晴らしかった。「ジョイ・ディヴィジョンのヴォーカリスト」は、もちろん故イアン・カーティスだったけれど、それを継ぐ者としては(ニュー・オーダーとしてそれを披露したときの)バーナード・サムナーよりもピーター・フックのほうがふさわしい。そこにこめられた、狂おしいまでの熱情の質および量ともに、

この1月、インターナショナルな存在として復活した伝説のクラブ、ハシエンダ主催イヴェントにDJとして出演するため来日を果たしたピーター・フックに話を聞いた。ぼくは個人的な都合で残念ながら参加できなかったその取材を敢行してくれたのは中谷ななみさんと、『ハシエンダ』日本版編集者圓尾公佑さん。では、どうぞ!

2012_01_ptrer hook_A1.jpg
all photos by Kazuya Hayashi

retweet

NADA SURF

未来には希望を持っているよ
だけど今は本当におかしな時代だ

2012_01_nada_surf_A1.jpgダイナミックかつナチュラルな躍動感が、彼らの"うた"の素晴らしさを際立たせている。デビュー以来15年以上を不動のトリオ編成でサヴァイヴしつづけてきたナダ・サーフのニュー・アルバム『The Stars Are Indifferent To Astronomy』は、そんな彼らのフランクかつオネストかつ真摯な姿勢が、この激動の時代にさらなる輝きを持つことの証左のごとき傑作だ。

今回も本国ではデス・キャブ・フォー・キューティーとの関係で知られるバーサクからのリリースとなる『The Stars Are Indifferent To Astronomy』は、ガイデッド・バイ・ヴォイシズのダグ・ギラードをフィーチャーし、ボブ・ディランからファウンテインズ・オブ・ウェインまでを手がけてきたクリス・ショウをプロデューサーに迎えて制作されている。中心人物マシュー・カーズが「このレコーディングは本当に楽しかった、今までで一番たっだよ」と語っているとおりの雰囲気が、スピーカーやヘッドフォンから伝わってくるようだ。

2012年はいい感じになるといいな...なんて思いつつ、年明け早々、マシューにスカイプで話を聞いてみた。

retweet

MADEGG

イマジネーションを沸き起こしてくれる一瞬一瞬を
大切にしたいと思っていて


2011年も、たくさんの素晴らしい音楽が生まれた。そんな2011年において、最大の発見の1人と言える人物に話を訊いた。その人物とは、マッドエッグだ。彼の音楽に出会ったのは、"分解系"からリリースされた『Players』。この作品に収録されたドリーミーな電子音の虜となってしまった僕は、クッキーシーンでも何度かレビューを書くことになるわけだが、書いているうちに、マッドエッグ自身に訊いてみたいことがいろいろと思い浮かんできた。今回のメール・インタビューで、そのすべてが訊けたわけではないが、高知の田舎で走り回って育ったエピソードなど、非常に興味深い話が聞けたと思う。少々前フリが長すぎたかな? ではでは、ブレインフィーダー(Brainfeeder)のイベントに前座として出演するなど、今後の活躍が期待されるマッドエッグのメール・インタビューです。どうぞ!

1112_madegg_A1.jpg

retweet

JONAS BJERRE

僕が歌うことでストーリーテラーのように
聞こえればいいなと思ったよ


all photos by Casper Sejersen
Jonas_201112_A1.jpg言わずと知れたこの人物、ヨーナス・ブジェーリ。彼はミュー(Mew)のヴォーカリストとして活躍する一方、近年はアパラチック(Apparatjik)という覆面アート・バンドのメンバーとしても精力的な活動も行なっている。その両者を通して、音楽的可能性の広さと本国デンマークにおける評価の高さを、まざまざと思い知らされる。

そんな彼は過去にサントラ制作の一環で曲を提供するなどしていたが、遂に満を持して一つの映画のサントラを全て手がけることになったのである。ミューだけでもライヴのスクリーンに映される映像作り、或いはミュージック・ヴィデオに関係する映像作りをしてきている、マルチ・アーティストと呼ぶに相応しい類い稀なるミュージシャンの一人として確実にその地位を築き上げてきた彼。デンマーク国内ではインディー・リリースだった今回のサントラ盤がこうして日本ではソニー・ミュージックからリリースされる。その大抜擢には、彼の作り出した音楽の興味深さも所以となっているはずだ。

日本ではダウンロードぐらいでしか手に入らなかったこの秀作について、映画の話も交えつつ聞いてみた。

なお、補足しておくと、以前彼本人に聞いたところによると、彼の名前はデンマーク語ではヨーナス・ビエールという読み方をするそうだ。日本では英語圏での発音にのっとってヨーナス・ブジェーリを正式表記としていることから、このインタヴューでもブジェーリと書かせていただく(と同時に、別の発音があることも心に留めておいてもらえれば幸いだ)。


retweet

RUSSIAN RED

そう! わたしのなかには
いろんな音楽が入ってるの!


スペインのキュートな女の子が、ベル・アンド・セバスチャンのメンバーらと共に、グラスゴーでアルバムをレコーディング! この情報にいろめきたたないポップ・ファンはいないだろう(インディー的なものも嫌いではなく、むしろそれも好きであれば)。

そのアルバム『Fuerteventura(邦題:フエルテベントゥーラより愛をこめて)』は、日本でリリースされる直前、11月最終週からの日本の洋楽FMプレイ・チャートで、なんとトップを獲得してしまった。彼女の音楽のクオリティーの高さの証明と言えるだろう(基本的に、ある程度の投資がないと日本のFMでは曲がかかりづらい。にしても、お金だけでは絶対「1位」にはなれない。そこまで腐ってはない。たぶん:笑)。

さる10月後半、スペインの新人アーティスト・ショウケース・ライヴで演奏するために来日を果たしていた、ロシアン・レッドに話を聞いた。

Russian_Red_201110_A1.jpg

retweet

OGRE YOU ASSHOLE

そういう場所をどう思うかっていうのは
みんな次第なんじゃないかな


OGRE_201108_A1.jpg彼らは、またもや新しい境地に達した。

昨年リリースされたEP「浮かれている人」で表現されていた多彩なサウンドも、よりグルーヴィーになったビートも、さらに驚くほどの成長を遂げている。

4人組から、トリオとなってのニュー・アルバム『homely』は、音楽的なおもしろさにあふれているのみならず、そのテーマ性も実に興味深いものとなっている。

いや、こんな冷静ぶった物言いにはとても収まりきらない。この2011年の日本に生きる自分にとって、まったく人ごとではないレベルの問題意識に貫かれているような気がして仕方ない。

彼ら独特のユーモアと表裏一体をなす、そんな部分にも迫るべく、中心人物の出戸学に聞いた。

retweet

ALAN McGEE

まったく、U2が好きなんて
病気としか思えないよね



ALAN_200108_A1_use.jpg
去る8月、サマーソニック前夜祭ソニックマニアでDJを担当するために、今はなきクリエイション・レコーズの主宰者だったアラン・マッギーが久々の来日を果たした。

渋谷および銀座で現在上映中のクリエイション・レコーズ・ドキュメンタリー映画『アップサイド・ダウン』のプロモーション、そしてさらに新しいイベント「アラン・マッギーズ・クリエイション・ナイト」出演のため、彼は9月前半にも、ふたたび日本にやってくる。

今(この文章を打ちこんでいる瞬間)はまさにその直前なのだが、ぼく(伊藤英嗣)は8月に彼と6、7年ぶりに再会、インタヴューをおこなった。イベント直前で申し訳ない(ごめんなさい。本当は、もっと早くこの記事をアップしたかった...。みんな、来てねー!:汗)と思いつつ、それを公開しよう!

上で「抜きだした」アランの発言が、決してU2に対する単なるディスではないことも、わかっていただけるはずだ!

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  | All pages