interviews

retweet

WU LYF

「みんなのもの」として音を鳴らしている
元々ポップ・ミュージックはみんなのものだしね


僕(近藤真弥)はウー・ライフを信じている。こういった文章を書くにあたって、相手を信じてはいけないということもよく言われるが、「信用」と「盲信」は違う。寧ろ相手を信じることで視野はより広がると思うし、批判や意見もできるというものだ。僕は「信用」できる人を追いかけたいし、ついていきたい。ウー・ライフは、そうするに値する可能性を秘めたバンドだ。

以下のインタビューを読んでもらえば分かるけど、僕の疑問や意見に対して、トムとエラリーは真摯に答えてくれた。

WU LYF 200108_A1.jpg

retweet

GYPSY & THE CAT

ぼくのイメージする「サマー・ポップ」って
聴く人をハッピーにする音楽だから!


創刊当時からクッキーシーンは、グラスゴーやUSの地方都市をはじめ、北欧やカナダ(そして、もちろん日本)など、ポップ・ミュージックの周縁から登場したバンドたちも積極的にとりあげてきた。そういった場所にも、当然いいバンドがたくさんいるから。そんな「素敵な辺境」のひとつにオセアニア...ニュー・ジーランドやオーストラリアがあげられる。英米のインディー・ミュージックも深部に多大な影響を与えてきた前者はもちろん、後者も素晴らしいバンドをたくさん輩出している。最近でいえば、先日発売されたクッキーシーン・ムック『21世紀ロックの爆発』にもインタヴューを掲載したマイアミ・ホラーなど。そして、この8月頭にファースト・アルバム『Gilgamesh』を日本でリリースしたのにつづいて、サマーソニックにも出演することが確定している彼ら、ジプシー&ザ・キャット!

たとえば80年代、オーストラリアからはザ・ゴー・ビトウィーンズといった素晴らしいインディー・バンドも現れたけれど、その一方でスーパー・ポップな、エア・サプライみたいなやつらもいた。『Gilgamesh』は、その両者どちらのファンが聴いても好きになってしまうのではないか...。実際、どちらも好きだったぼくなどは、一気に虜になってしまった!

彼らは今を時めくマーク・ロンソンのお気に入りでもある。2枚目のシングルともなった「Jona Vark」という曲のデモ音源を彼が気に入ったことが注目されるきっかけのひとつだった。昨年6月にはUKのヤング・アンド・ロスト・レコーズからファースト・シングル「Time To Wonder」をリリースした彼らは、アルバムを完成させて、今は(それこそ、80年代にゴー・ビトウィーンズもそうしたように:笑)UKに移り住み、本格的な活動を開始しようとしている。
 
上記2曲のリンク先(ユーチューブ)の音源を聴いてもらえばわかるとおり、彼らの音楽は、どこか80年代に通じる感覚を持ちつつ、あくまで「今」のセンスに貫かれている。リード・ヴォーカル、ギター、シンセサイザー、ベースなどを担当するマルチ・プレイヤー(アルバムにはクレジットされていない...そこでは叩いていないようだが、幼いころからドラムを習っていたらしい)、グザヴィエ・バキャッシュに話を聞いた(伊藤英嗣が作った質問をもとに、中谷ななみさんが電話をかけています)。

GYPSY_&_THE_CAT_1107_A1.jpg

retweet

HER SPACE HOLIDAY

結局、終わりが訪れることには変わりがない
それならお祝いで終わりにしよう


梅雨も明け、これからの季節にふさわしいアルバムが、絶妙なタイミングでリリースされた。90年代後半から、その名を冠して活動をつづけてきたマーク・ビアンキによるひとりユニット、ハー・スペース・ホリデイ、初のセルフ・タイトル・アルバムだ。

これまでにブライト・アイズやザ・ゴー・ティーム、ピンバックやボブ・モウルド(元ハスカー・デュー)とツアーを行い、R.E.M.からブーム・ビップまでのリミックスを手がけてきたハー・スペース・ホリデイだが、この『Her Space Holiday』がファイナル・アルバムとなる。

ベッドルーム・レコーディングのドリーミー・ポップからエレクトロニカをへて、フォーキーなオーガニック・ポップに至った彼(ハー・スペース・ホリデイとなる前には、ハードコア・バンドにも所属していたという)の、まさに集大成的な作品となっている。

アンセミックとさえ言える美しい"うた"の数々は、アコースティックな演奏とあいまって、とてもオープン。晴れわたった夏の空が目に浮かぶようだ。これが「最後の」アルバムなのに?

7月のある晴れた日、マークに電話インタヴューを試みた(注:伊藤英嗣が質問を作り、中谷ななみさんが話を聞いています)。

HSH_110706_A1.jpg

retweet

WIRE

きみたちの国で起こった悲劇的な出来事のあとに
東京に行くというのは、意義のあることだと思う

今年1月に待望のニュー・アルバム『Red Barked Tree』をリリースしたワイアーが久々の来日を果たし、東京は代官山ユニットのアニヴァーサリー・イベントで、一夜限りのライヴをおこなう

80年代の初来日も00年代の2度目も、プライヴェートな都合により行けなかった(泣)ぼくとしても今回は絶対に行くつもりだ! ぼく(ポスト・パンク世代:笑)の彼らに対する思い入れは、それほど深い。『Pink Flag』にはじまる70年代の3枚のアルバム、ラフ・トレードからのイレギュラーなリリース(シングルやライヴ・アルバム)をへてミュート・レコーズからリリースされていた80年代の一連の作品、そして『Send』で00年代に復活をとげてからのEPやアルバム、どれもこれもが素晴らしい。

今チラリと述べたとおり、彼らはいわゆるポスト・パンクを代表するバンドのひとつと目されている。先日発売されたクッキーシーン・ムックではちょっとしたポスト・パンク特集を展開した。そこにおける「総論」(みたいなもの)の冒頭に、00年代におこなった(曲作りにおける)中心人物コリン・ニューマンの発言を長々と引用した。過去にぼくが直接おこなった、当時のバンドたちのインタヴューのなかで、ポスト・パンクというものを最も簡潔かつ適確に捉えた発言と思えたから。

その特集では、ザ・ポップ・グループやスロビング・グリッスル、ギャング・オブ・フォーのインタヴュー記事を並べたものの、ワイアーのページは(単独では)設けなかったことを微妙に後悔していたところ、来日が決まってさらにそれがふくらんだ(笑)。しかし今回、クラブ系ウェブ・サイト、ハイアーフリクエンシー(Higherfrequency)、および招聘もとであるユニットとの共同作業により、彼らのメール・インタヴューをおこなうことができた!

上記のようなムック(紙媒体)の「くくり」に「並べなかった」ことは、もしかしたら、よかったのかも? と思える部分もある(Read & Burn, i say!)彼らの最新インタヴュー。70年代から現在に至る彼らのバックグラウンドもよくわかる、興味深い内容となった。是非ごらんください。


Wire_1106_A1.jpg

retweet

GLASVEGAS

確かに極端でめちゃくちゃな話だけど
すごく美しいと思わない?


古くはオレンジ・ジュースやジーザス&メリー・チェイン、さらにプライマル・スクリーム、それからティーンエイジ・ファンクラブ、モグワイやベル・アンド・セバスチャンやトラヴィスなど、素晴らしいバンドばかりを30年以上にわたって輩出しつづけたスコットランドの地方都市グラスゴー(なんとなく音楽ファンにとってスコットランドの代名詞っぽくなっているけれど「行政の中心」となっている町はエジンバラであることに注意:笑)。そこから00年代に登場した注目すべきバンドとしては、まず(フラテリスとかも悪くないけど、クッキーシーン的には?)フランツ・フェルディナンド、そして彼らグラスヴェガスだ。

09年にリリースされた彼らのファースト・アルバム『Glasvegas』の衝撃は、並大抵ではなかった。それにつづく彼らのセカンド・アルバム『Euphoric///Heartbreak\\\』がリリースされた。前作の「いいところ」を抽出して、見事にスケールアップしたような、これまた感動的な作品になっている。

しかし、ちょっと気になる部分もある。前作『Glasvegas』には、誰の琴線にも触れるエモーショナルな"うた"が、聴き手の心の"ふれてほしくない"部分にあえてつっこみをいれるような、ひりひりした感覚があった。今回はそれがちょっと減退している。リード・シンガーでありソングライターでもあるジェームズ・アランの"激情"が、理想的な形で整理されているような印象を受ける。もちろん、それはいいことだ。実際のところ前作は、正直"常に聴きたくなる"ようなものではなかった。なんというか"ズタボロな気分になって盛りあがりたい"ときに、あれほどはまるアルバムはなかった。ただ、体調が悪いときにはつらいというか...(それでも"愛聴盤"と言える。ぼくは、そういう状態のことが多いのか...:笑)。だけど今回は、もっと幅広いシチュエーションで聴ける!

そして先日ジェームズ・アランに電話インタヴューすることができた。ここぞとばかり、最近のバンドや彼の状態について、そしてこのアルバムのキモのいくつかについて、聞いてみた。

Glasvegas_201105_A1.jpg

retweet

THE VACCINES

バンドとして有名になることに抵抗はないけれど
セレブリティーと呼ばれる存在にはなりたくない


この5月にリリースされた、ロンドンを拠点とする4人組バンド、ザ・ヴァクシーンズのデビュー・アルバム『What Did You Expect From The Vaccines?』が、あまりに素晴らしい。

あの天災/人災後、日本はもちろん、国籍に関わらず「世界」は明らかに変わった。ここにも少し書いたのだが、クッキーシーンも少なからずその影響を受けている。ともすれば憂鬱な気分になってしまいがちな日々のなかで、なんとか前向きに進んでいくのに、これほど助けになるアルバムはないのではないかとさえ思える。

ひとことで言って、彼らの音楽は、その鼻っ柱の強さも含み、極めて若々しい。一方、妙に老成した雰囲気もある。そんな不思議なバランスを持ったバンドが、ぼくは昔から好きだ。R.E.M.だってエコー&ザ・バニーメンだってマガジンだって、当時はそんなふうに感じたものだ。おっと、いけない、またジジイっぽい発言になってしまった。ヴァクシーンズの音楽が彼らに「似てる」わけでは全然ない。Alive & kickingという英語の表現がぴったりくるような彼らの音楽には、ふさわしくない。

先日発売されたクッキーシーン・ムック『Pop & Alternative 2011』では、彼らと同じような若さを感じさせる(実際ほぼ同い年くらいの)コントリビューター氏に、彼らに関する原稿を書いてもらった(彼による本サイト・レヴューは、こちらに!)。できれば、それも読んでほしい。

ここでは、数ヶ月前の取材をもとに、それらと被らない取りおろしインタヴュー記事をお届けしよう。その原稿の執筆前に、件のコントリビューター氏に見てもらおうとも思ったけれど、いや、それでは(なんとなく)つまらないと思い(笑)キープしてあった完全未発表インタヴューです。

The_Vaccines_201101_A1_roger.jpg
photo by Roger Sargant

retweet

LILLIES AND REMAINS

僕らの音楽は日本ではオルタナティヴかもしれませんが
作ろうとしている音楽はポップなんです


アルバムのレヴューで書いたように、リリーズ・アンド・リメインズというバンドは、ジョイ・ディヴィジョン、ザ・キュアー、バウハウス辺りバンドの血脈を受け継ぎながら、ポスト・パンク的なサウンドで低熱の疾走感とともに駆け抜ける、という日本のバンドの中でも"黒い色香を纏ったポップネス"を鳴らす稀有な存在である。このたび、セカンド・フル・アルバムの『Transpersonal』で彼らは確実にネクスト・フェイズに踏み込んだ。昨年、METALMOUSEと共同制作で進めたEP「Meru」で一気に音響工作へのこだわりも出てきた上、一気に音楽的な語彙も増えてきた中、今作では、より立体的になった音響空間内にシンセの導入やビート感覚が強化されたことで、大胆な進歩と深化が見られる。そして、ポスト・パンク的なサウンドとトランスパーソナル心理学に影響されたというスピリチュアルな歌詞がリンクしたその「捩れ方」は独自の着地点を目指す。今回、KENT(Vo,G)にその手応えを語ってもらうべく、書簡インタビューを試みた。結果として、非常に興味深い答えとともに、さらに先を見越してゆく強靭な意志がうかがえる意義のある内容になった。しっかり彼の真摯な想いを受け止めて、是非、彼らの音に触れて欲しいと切に願う。

lillies.jpg

retweet

R.E.M.

伝えたかったのは"困難な変化が訪れても怖れないで
自分のプラスに変えよう"ってこと


R.E.M.の通算15作目『Collapse Into Now』は、90年代初頭、誰もが彼らを世界一のロック・バンドとして認識していた頃の自信と輝きを取り戻したような一枚だ。プロデューサーには前作に続いてジャックナイフ・リー(U2、スノウ・パトロール、エディターズほか)を迎え、パティ・スミスやレニー・ケイ、エディ・ヴェダー(パール・ジャム)にピーチズという胸躍るゲストが参加。レコーディングは、ポートランド、ニューオーリンズ、ナッシュビルのほか、デヴィッド・ボウイの『Low』やイギー・ポップの『The Idiot』、U2の『Achtung Baby』などの名作を生み出したベルリンのハンザ・スタジオでも行われた。

1996年にビル・ベリー(ds)が脱退して以降のR.E.M.にどこか物足りなさを感じていたリスナーも少なくないだろう。しかし、ポップなメロディと癖のあるサウンド・アプローチの融合を聴かせ、パンキッシュでエッジの効いたギター・サウンドとマンドリンやストリングスを織り交ぜた抒情性とのバランスを巧みに保った本作は、彼らの本領発揮と言えるいい意味でいかにもR.E.M.らしい作品となった。リスナーの心に希望を灯すような聴後感は、92年の名盤『Automatic For The People』を彷彿させる部分もあり、間違いなく彼らの最高傑作のひとつである。

ベースとバック・ヴォーカルを担当し、エディ・ヴェダー言うところの"R.E.M.の秘密兵器"であるマイク・ミルズに、厳寒のニュー・ヨークで話を聞いた。

REM_201101_A1.jpg

retweet

FRIENDLY FIRES

どんな状況でも前向きでいたいと思っている

フレンドリー・ファイアーズのファースト・アルバムには現実逃避の先にある甘美な夢がそこかしこに散りばめられていた。それは踊りながら脳みそが溶けていく瞬間のフィーリングが完璧にパッキングされた大傑作に違いはなかったが、5月にはリリースされる予定の彼らのセカンドがファーストを余裕で上回る出来であることは、おそらく間違いないだろう。何たって先行で試聴できた4曲が「Paris」と「Jump In The Pool」と「Lovesick」のそれぞれ優れたポイントをすべてより集めたような、信じ難いアンセム揃いだから。ファーストからのファンの期待は一ミリも裏切らず、もはや貫禄さえ漂う。早くも傑作揃いの2011年で、この「Pala」と名づけられた新作はどんな特別な輝きを放つのか。

去る2月に東京のみでおこなわれた一夜限りの来日公演前日、ワインと長旅の疲れで良い感じにヘロヘロになったメンバーに話を訊いた。

friendly_fires_A1.jpg

retweet

HANNE VATNOEY

私は旅行しているような気分でプレイしたいの

去年、個人的にもっとも強く心に残ったアルバムはハンネ・ヴァトネの『Me And My Piano』だった。レヴューのほうでも書かせていただいたが、自分がポップ・ミュージックに求めるもののほとんどすべてが凝縮されたすばらしい作品だと思う(ちなみに彼女に強く影響を受けたアーティストを訊いたら、イモージェン・ヒープ、ケイト・ブッシュ、スザンヌ・アンド・ザ・マジカル・オーケストラの名を挙げて、妙に納得した)。このアルバムはリリースから数カ月が経った今日現在でも日本でしか発売されておらず、変に埋もれてしまうのは惜しすぎる才能である。彼女自身 "Colorful Spring"と称するその音楽は、これからの暖かくなってくる季節に聴くのにもぴったりだ。 

詳しくはインタヴュー本文を参照してほしいが、彼女の豊かなバック・グラウンドには驚かされるばかりだし、話を聞いているとノルウェーとは(文化事業的な意味において)なんてすばらしい国なのだろうと思わされる。以下は自身二度目の来日となった昨年11月に取材させていただいたもの(本当に遅くなってすいません...)。彼女はシャイでとても礼儀正しかったが、随所に見せるおてんばっぷりがいい味を出している。この取材のあとにライブもお邪魔させていただいたが、ノルウェーの若手技巧派ジャズ・ミュージシャンを従えてのパフォーマンスは活き活きとした楽曲も合間って迫力満点。チャーミングな面もつぎつぎ飛び出す微笑ましいひとときだった(ちなみに、そのときのようすはYouTubeなどでも観ることができる)。終演後、多くの手作り雑貨といっしょにハンネ・チョコと名付けられたキャラメル(!)を自ら物販していたのも印象的。音楽同様、頭からつま先までガーリッシュすぎる彼女の振る舞いを目にして、改めて虜にさせられたのであった。

hanne_1.jpg


 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  | All pages