news

retweet

先日開設をお知らせした、クッキーシーンのフェイスブック・アカウント、絶賛稼働中です!


「お知らせ」はツイッターだけで充分だし...と思われるかもですが、今のところそこだけでしか読めないエクスクルーシヴ・コンテンツ(笑)もあります。


名づけて「DISC of the DAY」。クッキーシーン編集部のうち、ウェブ活動を中心になっておこなっている犬飼、近藤そして伊藤の3人が(ほぼ)毎日もちまわりで「グレイトなアルバム」を紹介する...という企画。


現在までに、ほぼ3まわり...11枚のアルバムについての、いろんな話が展開されています。当該アルバムを出したアーティストを順に並べてみると、ヤング・マーブル・ジャイアンツ、スーパーカー、ザ・ポーグス、シド・バレット、ドナ・サマー、モダン・ラヴァーズ、エドワード・ボール、フィッシュマンズ、イアン・ブラウン、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド、808ステイト...。


さて、どんなことが書かれているのか? よかったら、一度覗いてみてください。ぼくらは基本的に「(マーケティング的な)数字」というものを信じていないんですが、もし「それなりに、いいんじゃない?」と思ったら、「クッキーシーンのフェイスブック・ページ」にも「いいね!」もらえると、それはもちろんうれしかったりします。


www.facebook.com/cookiescene.theJoshuatree


よろしくお願いします!


2013年10月30日8時12分(HI)

retweet

いまさら? なんて声も聞こえてきそうですが、クッキーシーンのフェイスブック・アカウントを開設しました!


ツイッターでおこなっているインタヴューやレヴュー更新のお知らせに加え、フェイスブック上だけの話も投稿されます。


なので皆さま、ぜひとも「いいね!」を押してください。そして、フレンドの人たちにも拡散していただけると嬉しいです。


まずは以下のURLから覗いてみてください。


https://www.facebook.com/cookiescene.theJoshuatree


よろしくお願いいたします!



2013年10月15日16時30分(MK)

retweet

いつもクッキーシーンのサイトをご覧いただきありがとうございます。


森豊和さんからお送りいただいた原稿を掲載したことにより、久しぶりにザ・キンク・コントラヴァーシーが更新されました。ザ・キンク・コントラヴァーシーは、読者の方々からの原稿を掲載する場として作られたコーナーなのですが、ここ最近(いや、ここ数年? だとしたら申し訳ないです...)はさまざまな諸事情により、なかなか更新できずにいました。


しかし! やっと、読者からの投稿を受けつける準備ができました。なので、ふたたび皆様からの投稿を受けつけたいと思います。


それと、投稿に関するルールがいくつかあるので、それをふまえたうえで投稿していただけたらと思います。以下がそのルールになります。


・文字数は最低でも1000字以上。


・原稿の内容は、音楽に関することを主題にお願いします。ただ、主題と文脈的に繋げられるなら、アニメ、映画、小説、哲学など、他要素を混ぜても問題ありません。


・掲載する際には、投稿されてから10日以内に編集部のほうから連絡させていただきます。連絡がない場合は、申し訳ないのですがボツということになります。


・送っていただいた原稿の表記については、クッキーシーンにおける表記統一の決まりに合わせるため、編集部側で変えることもあります。それらがあまりに大量になったり、それによって文章のトーンが変わってしまう場合など問題があると判断した場合も、編集部のほうから連絡させていただきます。

http://www.cookiescene.jp/hyouki.php


以上が主なルールです。


音楽について語りたい欲求がある若者から、いまだ中二病が心に残っているせいで音楽にロマンを求めてしまう大人になりきれない大人まで、どんな方でも編集部は大歓迎です。FEEDBACKのところから投稿できます。

http://www.cookiescene.jp/feedback.html



というわけで、皆さまからの熱い原稿を心からお待ちしております!



2013年7月22日9時50分(MK)

retweet

今回の「表紙」にフィーチャーされたのは、来日公演を約2ヶ月後にひかえたプライマル・スクリーム。彼らのインタヴュー記事は、こちら


「DLすると横幅が1500pixel」になる大きめの画像をアップしました。(今回は縦型なので)あなたのスマートフォンやタブレットの壁紙に使えるかも...!


なお、現在クッキーシーンでは、いろいろ新しい動きを模索中です。その結果、「表紙」は、このプライマル・スクリームで終わりになる可能性が...? 詳しくは、また...!


2013年9月4日0時35分 (HI)

retweet

標題の件、いい感じで、無事終わりました(先日「イヴェントやる者は、大酒飲んで死人が出るかも、というリスクに対する覚悟が必要!」ってな感じの、どなたかのツイートを拝見。ツイートされた方のアカウントを失念してしまい申し訳ありませんが、いい意味で笑いつつ納得してました。この「無事」という言葉には、そういう意味があるのかも...?:笑)。

主催者側の予想をかなり超えた多数の方々にご来場いただき、「うれしいね、またやりたいね」と終演後みんなで話していました。

ただ、結構お客さんの滞在時間がそれほど長くなかったため、上記のとおりであるにも関わらず、ぱっと見「大盛況」って感じじゃなかったのが、残念といえば残念...。

反省しつつ(いったいどんな反省を? いや、いろいろあるでしょう。考えろ考えろ、おれ...みたいな:笑)、また...!

ご来場いただけたみなさん、リツイートや自らのツイートで(「自発的」に)ご協力いただけたみななん、ありがとうございます! またがんばります!

2013年1月14日12時07分(HI)

retweet

あけましておめでとうございます!


昨年はちょっと伊藤が個人的に(かなり)どたばたしておりまして、いろいろかなり滞ってしまい申し訳ありませんでした。年が改まったので「昨年やり残したこと」を忘却したわけでは全然なく(本当にすみません...)まずはそれらを皮切りに、今年も...いや、今年はがんばります。


どうか、何卒よろしくお願いいたします。


2013年1月4日16時16分(HI)

retweet

昨年、ストーン・ローゼズ本の発売記念イヴェントとして開催して好評だったクラブ・カントリー、2013年の幕開けを祝して、さらに(お値段的にも)フレンドリーなDJオンリー・パーティーとして、第2弾をおこないます! 詳細は以下のとおり。


全開...いや、前回のDJ陣に、今回は気鋭の女性DJナオミさんも加わってくれました!


ぼくは「2012年にリリースされた特に好きな曲」に(テレヴィジョン・クッキーシーンで毎週やってるように)昔の曲や最近の曲をまぜる感じで、がんがんプレイしようと思ってます。


飲んで、しゃべって、踊って...。近郊のみなさん、楽しみましょう!


※タイムテーブルは以下のとおり。時間の微妙なずれなど、多少の変更はあるかもしれませんが。

<小出 16:30〜17:15 → 藤原 17:15〜18:00 → 伊藤 18:00〜18:45 → 山口 18:45〜19:35 → 高須 19:35〜20:25 → Naomi 20:25〜21:10 → 伊藤 21:10〜21:55>

なお、伊藤のふたつのDJタイムの狭間および終演後しばらくのあいだ、クッキーシーン・ロゴ缶バッジと、上記書籍(ストーン・ローゼズ本)を会場で販売します。売り子は伊藤自身(笑)。当日会場で書籍をご購入いただけた方には、缶バッジを1個サービスサービスゥ! すでに当該書籍をお持ちで缶バッジ希望の方がいらっしゃれば、当日ご持参ください。同じく1個、進呈させていただきます!【1月12日17時22分追記】



club_country_130113.JPGのサムネール画像のサムネール画像

Cookie Scene presents

Club Country

New Wave, Post Punk, Neo Acoustic, Mad Chester, Shoegazer and more


日時:2013年1月13日(日)

   16:30~22:00

料金:1,000円(1ドリンク付)


場所:名古屋 栄 喫茶デシベル

   052-243-7525

   http://decibel8.com/shop-info.htm


DJs

伊藤英嗣 (COOKIE SCENE)

高須寛 (Dolce Vita)

山口真輝 (pop satori)
藤原寛之 (The Welks)

小出雄司 (HUSH)

Naomi (stillvirgins)




2013年1月4日16時19分(HI)

retweet

今回の「表紙」にフィーチャーされたのは、「素敵!」という言葉がぴったりのセカンド・アルバムをリリースしたばかりの、ザ・ヴァクシーンズ。彼らのインタヴュー記事は、ここ

「DLすると横幅が1500pixel」になる画像をアップしました。あなたのPCの壁紙に使えるかも...!

2012年10月3日9時59分 (HI)

retweet

全国の書店、レコード店、ウェブ・ショップで絶賛発売中『ザ・ストーン・ローゼズ:ロックを変えた1枚のアルバム』のリリース記念即売&サイン会第3弾となる「DJ+バンド」イヴェント、無事終了しました(あっ、だけど、「カーリーズが当日キャンセル! 代わりにピーター・フォークが出てくれる!」という、まあ「インディー」の世界ではよくある感じの? どたばた騒ぎも...。ピーター・フォークのおふたり、ありがとうございました! グレイトでしたよ。そこに別のシンガー加えたピーター・セラーズというバンドも、また見てみたいです。こういうネーミング・センス、いいな...と。アドゥサイの演奏も、よかったです)!

来ていただけた方、ありがとうございます! ツイッター(クッキーシーン・アカウントのほう? 伊藤の個人アカウントのほう? 不明...)を見て、わざわざ福井から(名古屋まで)来てくださった方もいらっしゃいました...。彼女に対してもう一度、本当にありがとうございます! ぼく(伊藤)は楽しかったですが、みなさん、楽しんでいただけましたでしょうか? そうであれ、ばうれしいです。

名古屋の山口くんは、このClub Country(ご年配の方ならご存知かもですが、もちろんアソシエイツの曲名からとったもの、です:笑)というタイトルで、今後もイヴェントをつづける予定とのこと。

今後それと絡むか(もしくは、どう絡んでいくか)については未定ですが、「じじい」の山口くんに、「ユース」の小出くん藤原くん(そして、彼らといっしょにZINEやってるナルセくん)というスタッフ陣で、できれば数ヶ月後、また名古屋でイヴェントやりたいと思ってます。東京とかでもいいけど、経費(たとえば、伊藤の愛知からの交通費とか:汗)考えると、そっちはまだ先の先...って感じで。

今後とも、よろしくお願いします!

2012年10月1日11時31分 (HI)

retweet

全国の書店、レコード店、ウェブ・ショップで絶賛発売中『ザ・ストーン・ローゼズ:ロックを変えた1枚のアルバム』のリリース記念即売&サイン会、以前お知らせしたように、今のところ計3ヶ所でおこなわれることになっています(盛況のうち終了した過去2回分についてはこちらをご参照ください。「4ヶ所目」もあるかも? それに関しては発行元イースト・プレスの編集氏に企画に関するやりとりを任せてます。だけど、まだ連絡こない...。そろそろかな? それとも、なしになった?:笑)。

でもって、第3弾の詳細、(1週間ほど前に)確定しました!


書籍『ザ・ストーン・ローゼズ:ロックを変えた1枚のアルバム』発売記念
「Club Country」

madchester, new wave, post punk and a lot more and more!

club_country_flyer_120913.jpgのサムネール画像のサムネール画像
【日時】 9月29日(土)開場&開演19時

【場所】 名古屋:瓦町(栄もしくは新栄):喫茶デシベル

【DJ】 伊藤英嗣(Cookie Scene)
         高須寛(Dolce Vita)
         山口真輝(Pop Satori)
         藤原寛之(THE WELKS)
         小出雄司(HUSH)

【ライヴ】カーリーズ
               ADUSAI(ex. SQUIMAOTO)

【料金(チャージ)】 1500円

flyer designed by YumYumMediaWorks



伊藤自身も企画に加わって、なんとなく始めるイヴェント。「DJが複数いて、決して『有名』とは言いきれない感じの(基本unsignedの、そしてできれば地元の)バンドがいくつか出る」というスタイル、今から10年以上前、クッキーシーン雑誌時代初期に、まだオンエア・ネストという名前だったころの渋谷O-Nestで、よくやってました。この形は、今でも「DIYロック・イヴェントの理想形」...とか思ったりもします...。

高須および山口は、伊藤が90年代前半...まさに「ローゼズの時代」に名古屋でDJやってるころから、よくいっしょにまわしていたヴェテラン(じじい:笑)。ちなみに、山口はかつてレフトバンクという名前のポップなインディー・レーベルを主宰しており、クッキーシーンでも連載ページを持っていました(今回の仕切は、おもに彼にお願いしています)。

そして、やはりなにより「今」が重要! それぞれバンドもやっている藤原および小出は、現在の名古屋を代表する、気鋭のユースたち。たしか、まだ20代(だと思う。いちいち年齢確認しないので、くわしくはわからない:笑)。

会場で『ザ・ストーン・ローゼズ:ロックを変えた1枚のアルバム』の販売もおこないます。そこでご購入された方、もしくはそれをご持参いただいた方で、希望される方には伊藤がサインをさせていただきます(会場で適当に声をかけてくだされば、いつでも...! 共著者クボケンさんのサインがなくて、すみません...)。

楽しいイヴェントになると思われます。近郊のみなさん、どうか遊びにきてくださいね。よろしくお願いします!

2012年9月13日12時21分 (HI)

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  | All pages